アイデアからサクセスへ

50年前に、創業者のオイゲン・グーチェは、ニードルフェルトが濾過産業において果たす独自の特性を認識し、新世代の高機能フィルターメディアの実現を思い描いていました。大気汚染の制御が将来どれほど重要になるかまだあまり認識されていなかった頃、Gutscheは時代に先駆けていたのです。
そのささやかな創業期において創業者は家族経営会社を立ち上げ、2016年息子のMichael Gutsche(ミヒャエル・グーチェ)が引き継ぎました。2017年初頭、同社はアメリカのLydallグループに統合されました。この統合により、企業の成長を長期的に支援し、その中核市場でのLydall Gutscheの位置を強化します。